お金が無くても旅はできる

格安バスを利用してたまの休日を満喫してみよう

貸切バスを格安で

レディ

格安の目安

ある程度の人が集まった場合に移動手段として便利なのが貸切バスです。貸切バスを利用するメリットは目的地までドアツードアで移動できることで公共交通機関を利用するよりも利便性に優れます。特に距離が比較的近い場合には貸切バスの方が強みがあります。一方で貸切バスを利用するには相応の費用が必要ですが、格安バスもあります。そもそも貸切バスの料金の仕組みとしては、時間、距離、安全対策の3つから成り立っています。またバスの大きさでも料金が変わってきます。バスの大きさとしては20人までのマイクロバス、25人までの小型バス、27人までの中型バス、45人までの大型バスの4種類に分類されます。料金の目安としては、一般的な日帰り旅行プランであればマクロバス・小型バスは6万円から9万円が相場で中型・大型以上は7万円から12万円が相場です。格安バスはこの相場水準をやや下回る程度のものが対象になります。もっとも、バス料金に関しては明確なルールが定められているので、その料金を下回るものは利用できません。反対にそれ以上の料金が必要な場合には料金が高くなります。このため貸切バスにおける格安バスでは出来る限りその無駄を省いているのが特徴です。例えば貸切バスを利用すると高くなる理由は交替運転手が必要な場合や深夜、早朝の運行、またトイレ付きやリフト付きといった特殊な車両を使う場合などがあります。このため格安バスを利用したい場合には、これらの条件をクリアすることで費用を抑えて貸切バスを利用することができます。

移動を安く済ませる

運転席

旅行に行くのに必要な足は電車や飛行機だけでなく、格安バスを利用して費用を抑えることもできます。深夜帯を利用した移動なので、寝ている間に目的地に到着できることから使い勝手の良い方法と言えます。現在はネット予約もでき、じっくりと下調べをしながら決めることができるので、上手く活用してみましょう。

料金は安く設備は充実

乗り物

格安バスは、高速道路の利用により早く目的地に到着できるにもかかわらず、新幹線よりも料金が安いことから注目されています。利用する時間帯や区間によっては、さらに安くなります。それでいてリクライニングや充電用のコンセント差込口など、設備が充実しています。そのため目的地まで、快適に過ごすことができるのです。

合理的な移動手段

女の人

格安バスはサービス面、価格面いずれの尺度においても合理的な選択肢となっています。一部、難点もありますが、致命的に不便さを感じる様なものでは無いので、長距離区間の移動を行う際には積極的に利用を行う様にしましょう。